うつ病体質を改善する|無料診断を利用する方法

女の人

うつ病の種類

医師

倦怠感が持続してしまううつ病は、日本で最も問題視されている精神病の一つです。近年、うつ病には様々な種類があることが研究で発表されていて、人によっても症状がまったく違います。うつ病は診断基準が良しによって違うので完治までに時間がかかってしまう場合がありますが、事前に自分がどの種類に族しているのかを確認すると早い段階での症状改善を期待できるかもしれません。
舌の痛みや頭痛、動機などの症状がみられる仮面うつ病は判断が非常に難しく、重症化してしまう人もとても多くいます。胃の不快感や胸部の圧迫感などの症状もあり、他の病気と勘違いしてしまう人も多く、病院で検査をしても「異常なし」と診断されてしまう場合があります。仮面うつ病には肩こりの症状もあるので、デスクワークをしている人は仕事のせいと思ってしまいがちですが、初期症状を見逃してしまうと治療が遅れてしまうので注意しましょう。
退行期うつ病は主に60歳から65歳の更年期にさしかかった人に多くみられるうつ病です。発症年齢や性別によって、初老期うつ病や閉経期うつ病、更年期うつ病と呼ばれています。原因や症状はほぼ同じとなっていますが、診断を受けたクリニックによって呼び方が異なっています。退行期うつ病は身体が衰えていくことで、私生活に様々な支障が及ぼすことにより元気がなくなり発症してしまいます。周囲の気配りなどで発症を予防したり、症状を改善したりすることができますが、一人暮らしをしている人や頑固な性格の人は発症リスクが高くなってしまいます。初期症状は人によって違いますが、感情や意欲の低下、食欲不振などがある場合は注意が必要です。最近では自宅カウンセラーを派遣しているクリニックもあるのでそれらを利用すると良いかもしれません。
日本で代表的とされている産後うつは、ホルモンバランスが崩れることによって発症してしまいます。産後鬱は診断方法が他のうつ病に比べると非常に簡単となっていて、自覚症状もあることから自分ですぐに気づくことも可能です。産後うつはホルモンバランスを良くすることで重症化を防げますが、子育てによる疲労やストレスによって発症してしまう場合もあるので注意が必要です。
うつ病は種類によって治療法が変わっているので、正しい情報を集めることがとても重要となっています。病気に対して恥ずかしさを抱いてしまう人もいるかもしれませんが、周囲に声をかけられた時には気軽に診断を行っているクリニックに行ってみましょう。